食品衛生月間で気を付けたいこと

8月は、「食品衛生月間」に指定されていることをご存じですか?
厚生労働省では、細菌性食中毒が発生しやすい8月を食品衛生月間に定めています。

8月も残り6日ですが、まだまだ暑い日が続きますのでこれからも食中毒に注意しましょう👿
食品購入~下準備までの注意点をご紹介します!

(1)食品の購入
・肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮な物を購入する。
・肉や魚などの水分が漏れないようにビニール袋に入れ、持ち帰る。

賞味期限や消費期限を意識して購入することも大切ですね😌

(2)家庭での保存
・持ち帰ったら、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れる。
・冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は、-15℃以下に維持する。

冷蔵庫の詰めすぎも冷えが悪くなるので注意が必要です🙄
目安は7割程度を意識してください!

(3)下準備
・手を洗う!
・肉や魚などの汁が、生で食べる物や調理の済んだ食品にかからないようにする!
・お肉や魚などを室温で解凍すると、食中毒菌が増える場合があるので、電子レンジや流水を活用する。(家庭で解凍した食品を再度冷凍するのは食中毒菌が増える要因です😢やめましょう)

包丁やまな板は、肉用、魚用、野菜用と別々にそろえて、使い分ると安全です🌟

新型コロナウイルス感染予防のために、手洗いは行っているかとは思いますが
手洗いは、食中毒予防にとっても大切です!
そして洗い終わった手は、清潔なタオルで拭きましょう♪
ペッペッペと、水滴を飛ばして乾かすのはNGですよ~🙄

愛和食品のYouTubeチャンネルでは、難しい免疫のお話や、賞味期限と消費期限の違いなどを分かりやすく解説しておりますので是非ご覧下さい☆