暑さに負けるな!

8月、梅雨明け、毎日30度以上、ずっとマスク、暑い。8月は日本の上空で高気圧の勢力が強まり今年の夏の気温は、全国的に平年並みか高い予想されております😮

熱中症や夏バテが心配ですね。

疲労やだるさの主な原因は、高温多湿の環境に長時間いたことからくる体温調節の乱れで、
夏はエアコンを使うことで体温調節の切り替えが多くなり、体力を消耗しやすくなるそう・・・

また、熱帯夜など夜も寝苦しいため睡眠不足となりやすく、体力が回復しにくいということも、疲労やだるさを引き起こす一つの理由となっているのです。

そこで、暑っい夏でも「みんなで元気に!」対策をご紹介致します♡

こまめな水分補給、塩分補給をしよう

良く言われていることですが、こまめに水分を補給をしましょう。
脱水症は、自宅でもなります。汗をかいていなくても適度に水分補給をしましょう!

おススメは、朝ごはんの味噌汁。水分とミネラルが同時に摂取できて超優秀!
人間は寝ている間に、約コップ1杯分の汗をかくといわれています。体内の水分が失われた状態で、朝食抜きのまま活動すると、脱水気味になります😮
味噌汁には、ナトリウム、カリウム、マグネシウムといった発汗により失われる主要な電解質が多く含まれています。朝ごはんなどに味噌汁を飲み、失われた成分を速やかに補給しましょうー!

ちなみに、愛和食品では、おいしいお水飲み放題の他に、物流課の方や倉庫で出荷業務を行っている方々の熱中症対策の塩飴を常備しています🍭

 

バランスのいい食事を摂る

ビタミン豊富な食事を!
冷たくてのどごしのいいメニューばかり選んでいると、胃腸に負担をかけることに😢
鶏の胸肉やマグロなどに含まれる「イミダペプチド」とピーマンなどに多い「ビタミンC」を一緒に摂るのがおすすめ☆

ぐっすり眠る

疲れが抜けない時、だるさを感じる時は、睡眠時間をたっぷりと確保しましょう。そして睡眠は、時間よりも質が大切。就寝の90分前にぬるま湯に浸かって、体をリラックスさせてから布団に入れば、ぐっすりと眠れて体力も回復しやすくなりますよ☺

室内温度は低くしすぎない

室内と屋外の気温差を5℃以内にすると、自律神経がスムーズに働くようになります!また、エアコンの風が体に直接当たらないようにする工夫も大切ですよ。

運動で暑さに負けない体づくり

毎年夏バテに苦しんでいる人は、ランニングなど軽い運動で、暑さに負けない体をつくりましょう!
通勤や通学時のウォーキングや自宅での筋トレ、手軽にできるラジオ体操などもおすすめです☆

愛和食品では、毎朝のラジオ体操を室内で行い熱中症対策しながら体を動かしています☺

 

自分の身体のSOSに気づく前に、飲み物を飲む!バランスの良い食事を摂る!適度な運動をする!

夏は特に自分を労わって暑さに負けない身体を手に入れましょー!!