「すべての人に健康と福祉を」

愛和食品はSDGsが掲げる目標に賛同し、その中の7つの目標を達成するために様々な活動をしています。
今回はその目標の一つである「すべての人に健康と福祉を」について愛和食品が取り組んでいることを紹介します!

目的達成の為の5つの活動

・健康寿命を延ばすために社員食堂の設置と地の野菜による健康食の提供
・シニア社員雇用促の継続
・健康経営の促進( 横浜市健康経営2019AAA認証済) の継続
・社内アルコール消毒液、AEDの設置
・メタボリック改善、運動不足改善につながる健康診断とアドバイスの提供

 

★健康寿命を延ばすために社員食堂の設置と地の野菜による健康食の提供
社員食堂「畑のキッチン」では、社員の健康のために栄養バランスが考えられたメニューや、動物性たんぱく質を使用しないヘルシーなメニューを提供しています。
健康に良いことはもちろんのこと、味もとても美味しく社員から素晴らしい評価を得ています!
また、メニューに使用している野菜は全て吉田手作り農園様より提供していただいております。吉田手作り農園は「次世代に引き継ぐ有機農業の普及」を目標に掲げ、日々野菜作りに取り組んでいる素晴らしい農園です。
農薬や化学肥料を一切使わずに、露地栽培で横浜の気候にあわせた旬の野菜だけを年60品目近く栽培しています。そこで作られた地野菜を使うことで愛和社員の健康の支えとなっています。

 

★シニア社員の雇用促進を継続して参ります
昨今の高齢化社会に伴い愛和食品ではシニア層の雇用に力を入れています。配送ドライバーの助手や社内の倉庫業務で活躍しています!
また正社員が定年退職後、再雇用という形で愛和食品に在籍していただき、培ったノウハウと経験を次世代の社員に還元してくれています。

 

★健康経営の促進( 横浜市健康経営2019AAA認証済) を継続して参ります
横浜市では従業員等の健康づくりを経営的な視点から考え、戦略的に実践する「健康経営」の概念を幅広く普及させるため、健康経営に取り組む事業所を横浜健康経営認証事業所として認証しています。横浜健康経営認証にはクラスが3段階に分かれており愛和食品は最高評価のクラスAAAを獲得しています。今後ともクラスAAAを維持する為に社員の健康を第一に考え取り組んでまいります。

 

★社内アルコール消毒液、AEDの設置
社内にアルコール消毒液のボトルを設置して衛生的で綺麗な環境を維持できるようにしています。入り口には自動で消毒液を噴霧するアルコールディスペンサーを設置し、新型コロナウイルスの感染防止にも取り組んでいます。またAEDを設置し、社員やご来社したお客様に万が一の事が起きた際、迅速な対応が出来るようにしています。

 

★メタボリック改善、運動不足改善につながる健康診断とアドバイスの提供
年に一度健康診断を行い、全社員が自身の健康管理に必要な情報を知る機会を設けています。
畑のキッチンの健康志向のヘルシーな社食と毎朝全社員で行うラジオ体操・ダンスも社員のメタボリック解消と運動不足の改善に尽力しています。また、産業医と契約することで健康面に不安がある際はすぐに相談してアドバイスをいただける環境を整えています。

 

以上のことを今後も続け、社員が生涯にわたり健康的な生活が営めるよう取り組んでまいります!!