社員同士の繋がりが深く、どんなときも助け合える

栗原 学

Kurihara Manabu

  • チームオリオン
応募はこちら
入社したきっかけ
前職もルートセールスをしていて、転職を機に求人情報を同職種で検索した際に一発目に出てきた
のが愛和食品でした。会社との出会いのきっかけと言えば、それはもう飾りっ気なしで偶然というほかありません。
ですが、仕事としての本当の出会いという面では、私をひとりの社会人として自覚させてくれたのは愛和食品といっても過言ではないですね。
それまでは、正社員といってもバイト気分というか、学生気分が抜けないまま従事していたところがありました。しかし、この会社では仕事のやり方はもちろん、仕事をどう楽しむか、社会人としての大切な部分の育成を社内全体でサポートしてくれます。
気軽な気持ちで入社しましたが、ひとりの男として、背筋を伸ばしてくれたというか、律してくれたことに感謝の言葉しかないです。
愛和食品の特徴とは
「社員が皆あたたかい」—— 多分、社員の誰に聞いてもこの言葉がでてくると思います。
愛和食品での仕事はとにかく楽しいです。
ただ楽しいといえど、仕事ですので日々何かしらの問題が必ず起こります。
そんな問題にも、それがたとえほんの小さなことでも、この会社は会社全体で考えてくれて、とにかくどんなときも助けてくれます。
会社によくある上司との衝突や、社員間の隙間風みたいなものも本当に感じないところも
大きいです。例えば、私が上司に不満などを提言したとして、上司はとことん私の話に親身に付き合ってくれて、その内容に対して真剣に考えてくれます。
その上で、良いところは良い、悪いところは悪いとしっかり言及くださいます。
今までそんな会社はなかったので、本当に衝撃的でしたね。
この仕事のやりがい
営業はもちろん、社内外で渉外業務、企画提案などもあり、業務内容は多岐にわたるのですが、そのひとつひとつは、仕事の成果、会社への貢献に繋がっているわけで、そのパズルのピースがうまくハマって、結果を導き出せたときは本当に嬉しいです。
それらを積み重ねた結果が、年度末の数字にしっかりと出る。
目標を超えることは大前提で、思った以上の成果をはじき出したときは、また次もさらに頑張ろうとモチベーションが鼓舞されますね。
また、チームの若いメンバーの成長を見守ることも、最近のやりがいのひとつです。
当初は辞めたいと言っていた社員が、私と仕事を共にすることで仕事の楽しさを学び、そしてその思いをまた次の若手に伝えていく。
そんな景色を見てしまうと、もう楽しくて仕方ありませんよ。
未来の社員にメッセージ
愛和食品は今、仕事の取り組み方や酢社内の雰囲気など、いろんなところで
変わろうとしています。今よりもさらに進んだ感じに、古き良きものは踏襲し、
そこに新しい発想をたくさん詰め込んで、若い人たちの考え方もふんだんに
吸収して、とにかく生まれ変わろうとしています。
これまでの自分たちにはなかった価値観、新しい価値観はひとつでも
多いほうがいい。私は新しい仲間に、新しい風を愛和食品に吹かせてほしいと
強く願っています。
そこから生まれる新しい愛和食品が、これまでのお客様はもちろん、新しい
お客様に何を提供できるか、何をするべきなのかを、いっしょに考えて
いきたい。
楽しみが詰まった仕事、楽しくて仕方がない会社を、共に作り上げて
いきましょう!

One Day

ある日の社員の一日

  • 08:30出社
  • 09:00ラジオ体操、ダンス
  • 10:00お客様対応、資料
    作成、メール確認
  • 13:00昼食
  • 14:00商談、客先訪問
  • 17:00案件整理、チーム内
    MTG、日報作成
  • 19:00退社

Entry

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。