SERVICE

株式会社ラピュタ(金融事業)

SERVICE PROFESSIONAL
福崎 安幸

Yasuyuki Fukuzaki

  • Since 2012
2012年愛和食品に入社。前職で培った金融関係の経験と知識で愛和食品の資金管理に貢献。
2013年3月25日に愛和食品の子会社である株式会社ラピュタ設立に寄与。
2013年7月1日にラピュタに異動、割賦販売・店舗開発・各種営業支援活動に貢献。


愛和グループがアミューズメント業界で培ってきた
信用と実績・各種ルートを活かし、
割賦販売・店舗開発・各種営業支援活動で貢献いたします。
金融サービス・不動産事業について
培った信頼から様々なご相談をお受けします

─株式会社ラピュタ設立のきっかけは何ですか。
愛和食品として長くアミューズメント業界でお世話になっていると様々なお客様のご相談を頂く機会も多く、時に資金調達や店舗取得や売却等のご相談もありました。

ご承知の通りアミューズメント業界は非常に高額な設備投資やパチンコ台・スロットマシン等を購入することが多く、資金需要は旺盛です。
その為、資金調達のご相談を頂く機会がございました。

何かお客様のお役に立てればとの思い、そこで金融サービスや不動産情報を専門とする株式会社ラピュタを立ち上げたのが経緯です。

お取引させていただいている企業はアミューズメント業界が多く、愛和食品との信頼関係がある会社が多くいらっしゃいます。
愛和食品と長らく付き合っていますが、実情を全て見せるには抵抗のあるお客様もいらっしゃいます。
株式会社ラピュタは徹底した情報管理を行うため、愛和食品とは離れた場所で運営しております。

金融サービス・不動産事業の特色
金融コンサルの視点から、不動産など多角的なご相談を承ります

─具体的にどのような取り組みを行っていますか。

パチンコ台の転割賦、通常の資金調達、多方面に行っています。

今現在の主なサポートはパチンコ台の転割賦です。また、パチンコ台は非常に高額な機械です。そちらの分割購入のサポートも行っております。

その他ではアミューズメント業界の不況に伴い、店舗からの撤退やM&Aの案件のご紹介があります。
不採算となっている店舗を事業としてどうするかは、常に経営者様の課題です。
愛和食品の築きあげてきたパイプの中で、アミューズメント業界外から閉店するパチンコ店を紹介してほしいというご相談事も頂くことがあります。
そういったご紹介を行ったり、パチンコ店様が閉店する際のご相談にのったり、売却のお手伝いをしています。

ですから、アミューズメント業界外の企業と、パチンコ店経営者様との間の架け橋になれるよう、色々な業界の方とお会いしております。
例えばスーパーの方や中古車業界の方ですね。中古車業界の方は県名を指定してくることもございます。
時代の流れによって不動産の価値は変わりますが、お客様にとって利益が最大化すべく貢献いたします。

業界の大ベテランが新たなチャレンジのお手伝いをする

─チャレンジする経営者の方々を支援してきた事例を教えてください。

お客様は主力のパチンコ事業だけでなく、ホテル、フィットネス、飲食など多角化経営に乗り出している企業様が多いので、そのお手伝いをしています。
最近は代替わりをされた若い経営者様が様々な方面でチャレンジしている企業様のサポートもさせて頂いております。

共に新たな柱となる事業を創造すべく、貢献いたします。